ピンクシャツ・デー

2007年、カナダでの出来事
ある小中高一貫校、中3の男子がピンク色のシャツを着て登校したところ、
クラスメイトから「気持ち悪い」「ゲイだ」といじめに遭いました。

それを見ていた高3の2人が、その日のうちに50枚のピンクシャツを購入。
そして、メールや掲示板を使い、友人知人に呼びかけました。

「明日はみんなで、ピンク色の服を来て登校しよう!」

翌朝2人は50枚のピンクシャツを配り、着てもらったが、
それを上回る大勢の学生がピンク色に身を包み、登校してきました。
1つのいじめがなくなりました。

これは単に「2人の正義感溢れる高校生の美しい話」には留まらず、
「多数の意思表明」により問題を解決した例として注目されています。
1人1人の力は小さくても、表明する、行動に移す、ということは偉大なことですね。

以降、毎年2月の最終水曜は、学校・職場にピンク色で登校出社する
「ピンクシャツ・デー」が定着しました。
いじめ撲滅を訴える運動として、賛同者の増加は留まるところを知らず、
現在70以上の国で実施されているそうです。


「正しいと思うことをする」

幼児の行動を見ていると、正義感とはどんな人にも備わっているのだと感じさせられます。
「電車やバスでは、それを必要としている方に席を譲りましょう」
というマナーを知っていて、頭をよぎりながらも、
「譲って断られたら恥ずかしい」
「失礼なことと捉えられないだろうか」
と考え、狸寝入りでやり過ごしてしまうようになったのは、何歳頃からでしょうか。


日本でも、すばらしい行動を見つけたら、
「○○の日」を作りましょう!

特に学校等の中でなら、始めやすいのではないでしょうか。

「1年○組の☆☆☆くんが、素晴らしいことをしました。
これから12月11日は○○の日とします!」


既に行われている事例がないか、調べてみたいと思います!