さとる君と犬のラッキーのお話

あけましておめでとうございます。

私は長蛇の列の明治神宮で初詣。教室の受験生のみなさんの合格を祈って来ました。
かわいい受験生さんも、小さな手を合わせて、
「○○小学校に入れますように。」
なんて、お願いしたのかな。良い年にしましょうね。

さて、今年は戌年。犬にちなんだお話です。

さとる君(仮名)は一人っ子。犬のラッキー(仮名)が弟がわりです。
元気いっぱいのさとる君は、いざという時の集中力はすばらしいのですが、いつもというわけではありません。少々落ち着きのない一面もありました。

夏頃になると、スランプに陥る生徒さんが増えてきます。さとる君もその一人でした。「簡単な指示を聞きまちがう」「記憶問題ができない」「数の課題のケアレスミスが増える」この症状が出てきたらスランプ
です。ペーパーに飽きてきていて、集中力を欠いているのです。そういった生徒さんには、個性を見究めて、最良の治療法をアドバイスします。日頃遊んでいないと、余計落ち着きがなくなるさとる君。お母様に

「ペーパートレーニングを減らしていっぱい外遊びをさせて下さい。」

と申し上げました。

ところがいっこうに効果が出ません。年中クラスの十一月の新学期から通室しているさとる君は、具体物を使いながらの授業で、基礎力がしっかりとついてい ました。もともと家でのペーパートレーニングも1時間くらいで、無理をする必要はなかったのです。それをさらに減らしたり、やめてみたりしても、集中力は 戻りません。授業中もガタガタ椅子を揺らしたり、指示を聞いていなかったりです。その都度注意をすると、お母さんの方を振り返り、怖い顔を見て、数分はお 行儀よくしているのですが・・・。当然のごとく、公開テストの成績も下がる一方です。

「どうしたんでしょうね。」

お母様と二人、頭を抱えました。

半月ほどたった頃でした。お母様が明るい顔で、「原因がわかりました。実は、さとるは犬に嫉妬していたのです。私が犬にばかり優しくするので、『ママが好きなのは、ラッキーなんだよね。』と言ったんです。」
「お母様の愛情を感じられなくて、不安だったんですね。さすがの私もそれは見抜けませんでした。」
二人で大笑いです。

お母様は日頃、さとる君を叱るかわりにラッキーを抱き、頭を撫でながら、
「さとるは、ちっともママの言うことを聞かないけど、ラッキーはいい子ね。」
それを耳にするさとる君は
「ママは僕のことなんか好きじゃないんだ。ラッキーばっかりかわいがって。」
どんどん気持ちが落ち込んでいったのです。

「ママは、さとるのことを一番愛しているのよ。」

安心したさとる君は、意欲的に課題に取り組めるようになりました。

さあて、いざという時の集中力がすばらしいさとる君。お試験の結果はいかがだったでしょう。見事、成蹊小と筑波大附属小に合格です。筑波大附属小に進む というさとる君は運動が大好き。グラウンドを元気いっぱい走り回る姿が目に浮かぶようです。さとる君にとっておめでとう!おめでとう!のお正月ですね。

ところでラッキー。お正月にはごちそうを食べた?今年は君の年だよ。

「ワン。」